2006年03月10日

『超劇場版ケロロ軍曹』

そうかー、今はこういうのが人気なんですねえ。
基本的にギャグ進行で、最後にちょっとホロッと感動させる。
まさに王道的な作りには安定感があります。

関係ない話かもしれませんが、アニメってホント時代を映し出してる鏡みたいなものですね。

この映画(アニメ)もそうですが、男らしさや女らしさといったものが皆無です。
完全に固体を主張している為、全てに於いて「おれがおれが」という卑しさが全開です。
正直言ってこんなのが受けているようでは、将来の日本はますます駄目になると感じ得ません。
オンリーワンという言葉は確かに素晴らしいとは思いますが、利己的で良いというものではないという事が分からずに、他人と違うことをして目立つことが良いという風に勘違いしてしまっている子ども達が多過ぎるような気がします。
ですからオンリーワンであるということを自分が認めてしまっては終わりなのです。
客観的にオンリーワンであることについては私も良いことだと思いますが、自分をオンリーワンだということを言ってるような人間は正直言って底が浅いというか、限界を自分で決めてしまってる卑怯者なんじゃないかと思います。
ナンバーワンは確かに誰もがなれるわけではありません。しかし、ナンバーワンを目指すことは誰にだってできると思います。
それが今はナンバーワンが何となく悪者扱いを受けているような気がします。・・・でも昔からかな・・・、ガリ勉がイジメの対象となっているのと同じかな?

ま、何が言いたいかというと、オンリーワンであることは良いんですけれども、オンリーワン至上主義はそろそろやめようよということが言いたいのです。

貴方だけの良い部分があることはとても素晴らしいことはよく分かります。
でも、それしかないとすれば、とても偏った人間になるとは思いませんか?
だから、みんなで(良い意味での)一般的な人間らしさを取り戻しませんか?

ちょっと映画の話に戻りましょう。
笑える(苦笑ですが・・・)のが、ケロロが巨大化したときに街を破壊しないように気をつけながら戦うんですが、これは昔のアニメや特撮に対してのアンチテーゼだと思うんですよ。
でもね、そんなのは実生活を営む上で大人が子供にちゃんと教えてあげればいいことであって、わざわざアニメなんかでそんなことを教える必要は無いんじゃないかとも思うわけです。
そんな当たり前のことをわざわざ盛り込もうとするから、変にしらけた子供が出来上がるんです。
そんなのよりも、もっと一番言いたかったテーマを大切にしたモノ作りをして欲しいかなと思いますね。
それとも、そういうことをきちんとやっていかないと、ナントカ委員会とかいうのがイチイチうるさいのかな?

もしそうなら、なんだか・・・最近のアニメは夢が無いとうことが言えそうですね。

にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング にほんブログ村に参加しました。
皆さん良かったら押してって下さいね^^

banner_02.gif
posted by tomo at 11:23| Comment(7) | TrackBack(0) | INDEX【た〜と】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

どうしてもTV版と比べてしまう映画版『電車男』

今更な感じもしないでもないんだけど、DVDで『電車男』の映画版を見ました。

【作品紹介】
『電車男』

監督 : 村上正典
出演 : 山田孝之、中谷美紀、国仲涼子、瑛太

ストーリー : 秋葉系ヲタク青年、22歳。彼女いない歴、もちろん22年。そんな彼が、電車の中で酔っ払いに絡まれていた美女を助け、お礼にエルメスのティー・カップをもらう。女性と話したことのない彼は、この出来事に舞い上がり、インターネットの掲示板の住人たちからアドバイスを受けることに。かくして「電車男」と呼ばれるようになった彼は、勇気を振り絞って「エルメスさん」を食事に誘う。髪を切り、服を買い、入念に準備をしてデートに挑む電車男。その姿は、ネットの住人たちの大きな希望になっていく…。(goo映画)

じつは物語の導入部分は山田孝之扮する電車男が淡々と台詞を吐くあたりになんだか違和感を感じていた。
だが、それはTV版で植え付けられた先入観だったと後々気づくことになる・・・。
続きを読む
posted by tomo at 03:01| Comment(2) | TrackBack(4) | INDEX【た〜と】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

こいつぁ二股なのか??『ティム・バートンのコープスブライド』

【作品紹介】
『ティム・バートンのコープスブライド』
コープスブライド、ポスターC
監督: ティム・バートン
声の出演: ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、エミリー・ワトソン

これってCGじゃなく、クレイアニメなんですってね。
粘土細工をストップモーション(コマ送り)で撮影していく手法で、たった1〜2秒のシーンに十数時間費やす事もあったということです。
そんなことを10年も続けていたって言うんですよ!
続きを読む
posted by tomo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(7) | INDEX【た〜と】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

嗚呼、こんな女に虐められたい・・・『ドミノ』

『ドミノ』っつっても『ドミノ倒し』ではありませんよ。

いや〜、久しぶりに良かったです。
何がって、そらもうノンストップなところがです。

どんな良い映画でも大体少しぐらいは中ダレするんですが、
これはホント最初っから最後までグイグイ引き込まれましたね。

【作品紹介】
『ドミノ』
監督 : トニー・スコット
出演 : キーラ・ナイトレイ、ミッキー・ローク、エドガー・ラミレス、クリストファー・ウォーケン、ミーナ・スヴァーリ、ジャクリーン・ビセット
続きを読む
posted by tomo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | INDEX【た〜と】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

『チャーリーとチョコレート工場』の秘密

チョコ食べたい!
ギブミーチョコレートォー!

【作品紹介】
『チャーリーとチョコレート工場』
ジョニー・デップ/チャーリーとチョコレート工場 特別版(2枚組)
監督: ティム・バートン
出演: ジョニー・デップ、 フレディ・ハイモア、 ヘレナ・ボナム・カーター、 クリストファー・リー

これはDVDが出たら子供と一緒に見たい。
内容も分かりやすく簡潔で、観客を混乱させる妙な伏線なども無いので、安心して観ていられます。
結論を最初にズバッと言ってしまうのも、潔くて好きです。その分味付けで楽しめますから^−^
続きを読む
posted by tomo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | INDEX【た〜と】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。