2005年12月11日

悲しみの現実に息を呑む『ロード・オブ・ウォー』

重い・・・、重かったあ。
これはいつになく重いテーマでした。
軽い気持ちで見に行くと、たぶん撃沈します。

【作品紹介】
『ロード・オブ・ウォー』
監督・脚本 : アンドリュー・ニコル
出演 : ニコラス・ケイジ、イーサン・ホーク、ジャレッド・レト、ブリジット・モイナハン、イアン・ホルム

ストーリー : ソビエト連邦崩壊前夜のウクライナに生まれたユーリー・オルロフは、少年時代に家族とニューヨークへ渡り、両親が営むレストランを手伝いながら育った。ある日ロシア人ギャングの銃撃戦を目撃したユーリーは、レストランが食事を提供するように、戦場に武器を供給する仕事をしようと決心する。弟のヴィタリーとパートナーを組んで闇の世界に足を踏み入れたユーリーは、混沌とした世界情勢を追い風に、瞬く間に世界有数の武器商人へと上り詰めていく。だがその動向を嗅ぎつけたインターポールのバレンタイン刑事が背後に迫っていた。(goo映画)

そんな『ロード・オブ・ウォー』ですが、てっきり『Road of War』(戦争の道?)だとばかり思っていたら、『Lord of War』(戦争の主)だったんですね。
 
とはいっても、面白くないとか、楽しめないとかではなく、深く考えさせられる重いテーマというだけで、見方によっては十分面白かったという表現ができる映画ですね。
ただ、何の前置きもなく「面白かった」としてしまうと、こんなにシリアスな内容なのに「面白い」とは不謹慎な!という意見が出そうな気はしますが・・・。

僕たち日本人は戦後の復興期が一段落してからは、こういった現実に殆ど目を向けずに生きています。
戦争にしろ、犯罪にしろ自分の遠くで行なわれているものは殆ど「対岸の火事」で済ませています。
それは若い世代になるにつれて、顕著に表れているのではないかと思います。

当然それは責めるべき事ではないのかも知れませんし、僕だって何もしていません。
立ち止まってふと考えてみると、悲しいかなそれが現実だということを痛感します。

過保護に育ちすぎて、自らも恐くて入り込めない。
義務教育などにより植え付けられた正義感だけが空回りする。
そんな日常の中で自分の生活すら満足に立ち行かない現実に辟易しながら、精一杯生きています。

そういったことで、この映画のテーマが僕たちの生活から随分かけ離れている為、多数の方はリアルで重いストーリーに結局何の答えも出せないと捉えてしまうでしょう。
生真面目な人なら自ら戦地に赴いて、一人でも多くの命を救うとかいう風に考えるのかもしれませんが、そんなことしたら自分から殺されに行くようなものです。
現実と虚構を割り切って考えている人は、ニコラス・ケイジやっぱ演技最高だねとか思ってるかもしれません。

それは受け手の器の問題ですから、周りがとやかく言うことではありませんので、一人一人がそれぞれ感じたことを大切にしていけばいいものだと思います。

そのようなことを踏まえ、あえて自分の意見を述べさせてもらえば、この映画は人生の縮図という身近な題材への変換が可能であると感じました。
どういう事かというと、ニコラス・ケイジ演じる武器商人=すべての職業と捉える事でスッキリします。

ここからネタバレです!

まずこの物語の主人公ユーリ(ニコラス・ケイジ)は武器の密売を自分の天職だと感じ、次第にこの世界にのめり込んでいきます。
その後、ユーリはメキメキと頭角を現し、その筋でも一目置かれる男になっていく。
ある程度稼いだところで、カネの力で自らを演出し、一人の女性の心を射止めることに成功する。
晴れてその女性とは結ばれ、子供も一人授かった。
妻は元一流モデルではあるが、家庭派な一面を持っており、家庭的な夫でいて欲しいとユーリに要求する。
そのようなこともあり、ユーリは仕事のことを妻には一切話さず、家では良い夫、良い父親を演じ続ける。
妻もそれに答えるべく、夫のことをあれこれ詮索せずに良い妻を演じる。
仕事上の都合で、家を留守にしがちなユーリは電話では甘い言葉を囁き、帰れば妻を唯一の女のように抱く。
ついにカネに物を言わせられるほど稼げるようになったユーリは、妻には高価な洋服やアクセサリーを幾度となく贈り、妻が芸術活動を始めると、その名を隠し援助することもあった。
だが、良い事ばかり続くほど世の中は甘くはない。インターポールの捜査官が本格的に動き出し、ついには妻の元へ行って真相をばらす。
妻に問い詰められたユーリは言い訳しながらも、その後この仕事から一旦退くこととなる。

やはり家庭も大事だからだ。

だが新たに始めた仕事はたいした稼ぎにならなかった。
それから半年もすると前に武器取引で繋がっていた国の要人がわざわざユーリの元へ出向き、武器を都合して欲しいと要求してくる。
ユーリは頑なに拒もうとするが、大きなダイヤを見せ付けられたことで、その気持ちも大きく揺らいでしまい、ついには武器商人に戻ろうとする。
妻にはバレないように巧くやるつもりだったユーリだが、妻はほんの些細なユーリの変化に気づいていた。
そして武器商人であることを知ってしまった妻は子供を連れて、家を去る。
時を同じくして、この仕事を手伝わせていた弟の非業の死により、インターポールに証拠をつかまれ、犯罪が発覚。それを知った両親にも勘当された。
しかし、捜査官の努力の甲斐も無く、ユーリは釈放される。

それは米国が最大の顧客に他ならないからである。

現在、世界には5億5千万丁もの拳銃が流通している。
ざっと計算すると、12人に1人が拳銃を所有していることになる。
ユーリは1人1丁の世界にすべく、今日も世界のどこかで武器を売る。

・・・なんだか、虚しくなってきます。
こんなにも大きな代償を払いながら、この仕事を続けることに何の価値があるというのか・・・。

誰かがこんなことを言っていた。

カネを稼げれば自由になると・・・。
カネがあるから好きな女に告白できるだけの自信がつくと・・・。
カネは力になると・・・。
だから自分はカネを稼ぐのだと・・・。

くれぐれも本当に大切なものを見失わないように・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング にほんブログ村に参加しました。
皆さん良かったら押してって下さいね^^

ロード・オブ・ウォー@映画生活
posted by tomo at 22:05| Comment(5) | TrackBack(46) | INDEX【ら〜ろ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TB有難うございました。
確かに重い話題ですよね。
Posted by 大きな顔 at 2005年12月12日 19:18
TB&コメントありがとうございます。

島国で世界情勢に疎い日本人だからこそ
是非多くの人に見てほしいですね。
Posted by trichoptera at 2005年12月19日 00:46
tomoさん初めましてTB&コメントありがとうございました
言われてる兄弟の物語としてでも有る意味深い映画でしたね。
人間の業の深さも感じましたし、エンターテーメントで逆説的反戦映画とも感じました
Posted by hide at 2005年12月26日 21:35
TBどうも。リンクがありませんでしたので、逆TBさせていただきました。
Posted by おぞん at 2005年12月27日 02:39
どぞどぞ^^
TBもTB返しも大歓迎です!
Posted by tomo at 2005年12月27日 10:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10542052

この記事へのトラックバック

「 ロード・オブ・ウォー 」
Excerpt: 監督・脚本 : アンドリュー・ニコル 「ターミナル」主演 : ニコラス・ケイジ/イーサン・ホーク/ブリジット・モイナハン   公式HP:http://www.lord-of-war.jp/index2..
Weblog: MoonDreamWorks
Tracked: 2005-12-11 22:58

「ロード・オブ・ウォー」
Excerpt: サイエンスホールにて「ロード・オブ・ウォー」試写会。 ニコラス・ケイジが演じる主人公の“武器商人ユーリー・オルロフ”は、実在する武器商人たちを徹底的にリサーチして作り上げられた人物で、実話に基づいたス..
Weblog: 試写会帰りに
Tracked: 2005-12-11 22:59

映画「ロード・オブ・ウォー」
Excerpt: ニコラス・ケイジ主演の映画「ロード・オブ・ウォー」の試写会に行ってきた。 ニコラ
Weblog: いもロックフェスティバル
Tracked: 2005-12-11 23:02

「ロード・オブ・ウォー」
Excerpt: 「ロード・オブ・ウォー」 よみうりホールで鑑賞 日本人に全くなじみのない武器商人のお話。文化の違いというか、映画を見ているだけで日本人の私たちには知らない世界が多いです。この前の「明るい離婚計画..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2005-12-11 23:40

『ロード・オブ・ウォー』
Excerpt: ----この映画、最初『アメリカン・ビジネス』という タイトルで公開される予定だったよね。 結局、原題に戻っちゃったね。 「うん。なぜだろう?あまりにも生々しいからかな。 旧ソ連のウクライナから家族と..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2005-12-11 23:43

映画感想「ロード・オブ・ウォー」
Excerpt: 映画感想「ロード・オブ・ウォー」 【評価】★★★★ 【反戦】★★★★★ 【不条理】★★★ 【ブラック】★★★★ 【笑い】★★★★ 【エロ】★★ 試写会で見たのですが、ひさしぶりに良い映画..
Weblog: 三匹の迷える羊たち
Tracked: 2005-12-12 00:25

#51:ロード・オブ・ウォー(試写)
Excerpt: ソビエト連邦崩壊前夜のウクライナに生まれたユーリー・オルロフは、少年時代に家族とニューヨークへ渡り、両親が営むレストランを手伝いながら育った。ある日ロシア人ギャングの銃撃戦を目撃したユーリーは、レスト..
Weblog: ::あしたはアタシの風が吹く::
Tracked: 2005-12-12 09:44

ロード・オブ・ウォー 史上最強の武器商人と呼ばれた男
Excerpt: 戦争は待望のビジネスチャンス。アフリカは武器のジャングル地帯。それもまたいいだろう。我々は潤っているのだから…ユーリー
Weblog: エンタメ!ブレイク?
Tracked: 2005-12-14 08:23

「ロード・オブ・ウォー」ニコラス・ケイジ主演 ランボーの武器1・2・3シリーズ揃います!
Excerpt: ランボーが使った武器が欲しいんだけど・・・もちろんシリーズ1・2・3すべて揃ってます!そんな会話も愉快な仲間達?ではなく、弾丸(タマ)の数だけ、札束(カネ) が舞う。世界の裏社会で国際的武器売買の世界..
Weblog: 話題のナレッジベース
Tracked: 2005-12-15 00:43

ロード・オブ・ウォー
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  生と死の狭間をビジネスする究極リーマン
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2005-12-18 02:40

「ロード・オブ・ウォー」 (2005) now load show!
Excerpt: コロナワールドで温泉入って、ナイトで見てきました。温泉→映画コースはもう極楽ったらありゃしないっすね。たまに寝オチする可能性を秘めてるリスクはあるけど…。 で、偶然にも封切り日だったようで、お客さん..
Weblog: とりあえず生態学
Tracked: 2005-12-18 17:25

映画: ロード・オブ・ウォー
Excerpt: 邦題:ロード・オブ・ウォー 原題:Lord of War 監督:アンドリュー・ニ
Weblog: Pocket Warmer
Tracked: 2005-12-18 17:46

ロード・オブ・ウォー
Excerpt: 今年90本目の映画鑑賞です。目標のあと10本は今年は無理そうですね。 ウクライナに生まれ一家でアメリカに移住したユーリー・オルロフは、ある日をきっかけに弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)とともに..
Weblog: Alice in Wonderland
Tracked: 2005-12-19 02:49

「ロード・オブ・ウォー」評/スーツ姿の死神はかく語りき
Excerpt: 『ロード・オブ・ウォー』(2005 / アメリカ / アンドリュー・ニコル) Text By 仙道 勇人  「今世界には5億5千丁の銃がある。ざっと12人に1丁の計算だ。残る課題は"1人1丁の世界"」..
Weblog: I N T R O+blog
Tracked: 2005-12-19 13:38

ロード・オブ・ウォー(試写会) ??LORD OF WAR??
Excerpt: ドンパチ映画と思っていたら違いました。 娯楽映画でありつつも社会派テイスト? シリアスです。 下手な啓蒙映画より考えさせられてしまうかもしれません。 ??Story?? ニューヨークのロシ..
Weblog: Chic & Sweet * びいず・びい
Tracked: 2005-12-19 15:20

「ロード・オブ・ウォー」を観る
Excerpt: 12/16にメルマガ第105号配信してました。お題は「ロード・オブ・ウォー」です。 本作は、ソ連崩壊の混乱に乗じて巨万の富を築き上げた武器商人の半生を描いた作品。 監督・脚本のアンドリュー・ニコルが「..
Weblog: Cinema Satellite Neo
Tracked: 2005-12-19 16:36

ロード・オブ・ウォー
Excerpt: 『ロード・オブ・ウォー』を観てきました。 久しぶりに、ちょっと重めの映画を観てきました。 おそらく、今年最後の、映画館で観る映画になると思うのですが、 最後の締めくくりが重い映画でよいのか・..
Weblog: 映画っていいね。
Tracked: 2005-12-19 20:26

[ ロード・オブ・ウォー ]ダークスーツに身をまとった武器商人
Excerpt: [ ロード・オブ・ウォー ]@有楽町で鑑賞。 武器商人とは、こんなにもビジネスマンらしい服装をしてい るのか。名刺こそ出さないまでも、手には黒のアタッシュケ ースを持ち、上下黒のスーツに、白..
Weblog: アロハ坊主の日がな一日
Tracked: 2005-12-21 00:06

ロード・オブ・ウォー〜史上最強の武器商人と呼ばれた男
Excerpt: 製作・脚本・監督:アンドリュー・ニコル 出演:ニコラス・ケイジ イーサン・ホーク ジャレッド・レト ブリジット・モイナハン オープニングがかなりお気に入り。 自分が"銃弾"になったかのように..
Weblog: 睡眠マン(´-ω-`)のにんにきにきにき日記
Tracked: 2005-12-22 01:25

ロード・オブ・ウォー
Excerpt: 一つの弾の行方を追ったオープニングの映像が面白い。武器商人という職を知りたい方は一度観てみると良いでしょう。
Weblog: ★☆★ Cinema Diary ★☆★
Tracked: 2005-12-22 22:27

「LORD OF WAR」最大の死の商人はアメリカ合衆国だ
Excerpt: 製作開始の声を聞いてからかなり首を長くして待っていた。楽しみにしていた甲斐がある
Weblog: そぞろ日記
Tracked: 2005-12-23 15:49

『ロード・オブ・ウォー』 23日に観ました
Excerpt: 『ロード・オブ・ウォー』 公式HPはこちら ← 旧ソ連ウイクライナ生まれのユダヤ系アメリカ移民のユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)。父のレストランを手伝って居たが。上昇志向の強い彼はやがて..
Weblog: 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
Tracked: 2005-12-24 11:16

ロード・オブ・ウォー/史上最高の武器商人と呼ばれた男 評価額・1420円
Excerpt: ●ロード・オブ・ウォー/史上最高の武器商人と呼ばれた男を豊川コロナワールドシネマ
Weblog: Blog・キネマ文化論
Tracked: 2005-12-24 16:11

ロード・オブ・ウォー
Excerpt: 期待値:57%  ニコラス・ケイジ主演。 武器商人というなじみのないセールスマン
Weblog: 週末に!この映画!
Tracked: 2005-12-25 19:50

ロード・オブ・ウォー(LORD OF WAR)―史上最強の武器商人と呼ばれた男―
Excerpt: ●しっかりエンタメしてる異色の人間ドラマ●そこでしか作れない題材を扱った本作は、まさに映画の醍醐味。こんな作品はありそうで滅多にない。
Weblog: わかりやすさとストーリー
Tracked: 2005-12-26 16:09

「ロード・オブ・ウォー」を観ました。
Excerpt: ニコラス・ケイジ主演の映画「ロード・オブ・ウォー」を観て来ました。世界の戦争や紛争地域に必ず居ると言われる武器商人。その実在の武器商人達をモデルにした武器売買の実態を極めてリアルに描いた作品です。監督..
Weblog: GOOD☆NEWS
Tracked: 2005-12-27 01:01

ロード・オブ・ウォー予告編に見る日米文化摩擦
Excerpt: 昨晩、夜食を食いに行ったラーメン屋のテレビで、確か「英語でしゃべらナイト」とかいう番組だったが、ロード・オブ・ウォー(武器商人の映画らしい)の予告編が日米で違うというネタをやっていた。日本では、倫理的..
Weblog: キプロス王国
Tracked: 2005-12-27 02:39

ロード・オブ・ウォー / アンドリュー・ニコル監督
Excerpt: ★★★★ 元々興味なかったのだが、本作の監督が『ガタカ』や『トゥルーマン・ショ...
Weblog: Journey on Wax
Tracked: 2005-12-29 21:44

映画館「ロード・オブ・ウォー」
Excerpt: 実際にあった話を映画化したという、武器商人のお話。 悪いことがはびこる世の中、でもそれで儲かる人がいるっていうのも事実。最近話題になっているマンション問題を思い出しちゃいました。スケールは違いま..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2006-01-01 22:38

『ロード・オブ・ウォー』
Excerpt: 「LORD OF WAR」武器商人、戦争王、そして死の商人。どんな呼ばれ方をされようと、そこに需要があるのだから経済原則に従って、彼らは商談に飛ぶ。今度の顧客が待っている地は、アフリカか、中東か、それ..
Weblog: 千の天使がバスケットボールする
Tracked: 2006-01-02 12:37

映画「ロード・オブ・ウォー」(アンドリュー・ニコル)のメッセージ1
Excerpt: 私たちが本当は知っていて、知らないふりをしている世界の現実 良い映画です。観客は主人公への共感と反感の間で小刻みに揺さぶられ続けます。そして波の振幅が大きくなり、感情がある意味”昇華”された果て..
Weblog: メッセージジャーナル
Tracked: 2006-01-02 22:08

ロード・オブ・ウォー
Excerpt: 武器商人、これが天職と考えている主人公ユーリー・オルロフが世界各地で武器を転売する傍ら、幼馴染みで憧れのモデルとの結婚生活、インターポールとの知恵比べのようなイタチごっこで、観ている者を引き込ませる。..
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2006-01-05 00:47

「ロードオブウォー」見てきました。
Excerpt:  ??弾丸の数だけ札束が舞う??  今日はニコラスケイジ主演のロードオブウォー。  最近、レイトショー料金で見るのではなく、前売り券を買って見るようになりました。レイトショー料金よりも前売り料金の..
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-01-07 15:14

ロード・オブ・ウォー
Excerpt: ロード・オブ・ウォー 監督・脚本・製作:アンドリュー・ニコル 出演:ニコラス・ケイジ イーサン・ホーク ジャレッド・レト イアン・ホルム ストーリー ウクライナで生まれたユーリーはニューヨ..
Weblog: ハイジのシネマパラダイス
Tracked: 2006-01-08 01:32

ロード・オブ・ウォー
Excerpt: 世界をまたにして活躍する大物の武器商人を主人公とした作品です。 ソビエト連邦崩壊前夜のウクライナに生まれたユール・オルロフは、家族とともにニューヨークへ移住し、両親の営むレストランを手伝っていま..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-01-09 00:16

【劇場鑑賞】ロード・オブ・ウォー ―史上最強の武器商人と呼ばれた男―(LORD OF WAR)
Excerpt: 今世界には 5億5千万丁の銃がある。 ざっと12人に1丁の計算だ。 私が目指すのは・・・ ”1人1丁の世界”
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-01-09 19:14

映画:「ロード・オブ・ウォー」
Excerpt: 監督: アンドリュー・ニコル 出演: ニコラス・ケイジ 、イーサン・ホーク、ジャレッド・レトー、ブリジット・モイナハン 原題: LORD OF WAR ..
Weblog: 遠慮無く…書くよ!
Tracked: 2006-01-11 16:00

ロード・オブ・ウォー LORD OF WAR
Excerpt: ニコラス・ケイジ、イーサン・ホーク主演 武器商人の物語 ロード・オブ・ウォー=戦争の主 ニコラス・ケイジのナレーションで  銃弾の製造過程が弾の視点にたっています そして アフリカの子供に・・..
Weblog: travelyuu とらべるゆう MOVIE
Tracked: 2006-01-24 22:16

ロード・オブ・ウォー
Excerpt: ニコラス・ケイジ主演。 心がカラッポなのか単に壊れた人間なのか、そんなフリーの武器商人の物語。
Weblog: オイラの妄想感想日記
Tracked: 2006-01-27 12:22

ロード・オブ・ウォー
Excerpt: 『ナショナル・トレジャー』『ザ・ロック』のニコラス・ケイジ主演で贈るアクション・エンタテインメント!少年時代にウクライナからアメリカに渡り、天性の才覚で世界有数の武器商人にまで上り詰めた男の物語を描く..
Weblog: DVDジャンル別リアルタイム価格情報
Tracked: 2006-03-25 04:50

ロード・オブ・ウォー
Excerpt: 製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 122分 監督 アンドリュー・ニコル 脚本 アンドリュー・ニコル 音楽 アントニオ・ピント 出演 ニコラス・ケイジ 、イ..
Weblog: タクシードライバー耕作のDVD映画日誌
Tracked: 2006-06-10 15:13

ロード・オブ・ウォー (Lord Of War)
Excerpt: 監督 アンドリュー・ニコル 主演 ニコラス・ケイジ 2005年 アメリカ映画 122分 ドラマ 採点★★★ “民主主義VS社会主義”という建前も冷戦の終結と同時に意味を成さなくなる。大儀を失った現代..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2006-07-07 14:12

【洋画】ロード・オブ・ウォー
Excerpt: A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出4/脚本4/撮影4/音響4/音楽3..
Weblog: ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!
Tracked: 2006-07-28 13:24

映画鑑賞感想文『ロード・オブ・ウォー』
Excerpt: さるおです。 『LORD OF WAR/ロード・オブ・ウォー』を観たよ。 監督は『GATTACA/ガタカ』『THE TRUMAN SHOW/トゥルーマン・ショー』『S1M0NE/シモーヌ』のアンドリュ..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2006-09-20 15:29

地獄の商人、虚像の死神が天職??「ロード・オブ・ウォーー」
Excerpt: ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれ、家族とともに少年期にアメリカに渡ったユーリー・オルロフ。
Weblog: 取手物語??取手より愛をこめて
Tracked: 2006-12-13 21:46

ロード・オブ・ウォー
Excerpt: 見落とされてる作品のような気がするんですがこれ・・・すごい、面白かったですよ!!!!!!!!...
Weblog: 青いblog
Tracked: 2007-01-26 18:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。