2006年03月10日

『SHINOBI』

こちらはアクションよりも演技がモノを言う映画。
やはり、オダギリジョーと仲間由紀恵は演技力が高いなあと、改めて実感しました。
その脇を固める俳優人も良く見る顔ぶれで安心感があり、最後まで飽きずに見ることができました。

この映画を見て感じたことは、心と身体はやはり表裏一体であるなということです。
と言いますのは、技の強さだけに邁進して来た者はやはり最後の部分では弱く、また、心根が優しいだけでも大切なものは守れない。
やはり強さとは身体の強さを超えたところで成り立つ心の強さでないと、真の強さたり得ない。
確かになと思うのは、強さの無い優しさは弱者の逃げ口上でしかないという点であり、やはり肉体の強さは必要だということをまざまざと見せつけられる。

映画のラストで朧(仲間由紀恵)が己の眼を潰すのですが、これこそ本当の強さなのだろうと思います。
そのちょっと前のシーンで、とてつもない技の強さを誇るにも拘らずおぼろに刺される弦之介(オダギリジョー)もまた肉体の強さを超えた強さを身につけた者だったと言えると思います。

必ずしも暴力を容認する訳ではないのですが、あまりに暴力を否定する世の中を作り上げてしまっては、一部の心の無い暴力で支配しようとする者の思い通りになってしまう可能性だって充分にあり得ると思います。

かと言ってその防衛策という考え方もおかしいのですが、肉体の鍛錬をする者は心の鍛錬を怠らないようにすることであったり、精神論を唱える者も肉体を鍛えたりして、常にバランスを取っていくことが必要だと私は思います。

にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング にほんブログ村に参加しました。
皆さん良かったら押してって下さいね^^

banner_02.gif
posted by tomo at 11:25| Comment(2) | TrackBack(7) | INDEX【さ〜そ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『超劇場版ケロロ軍曹』

そうかー、今はこういうのが人気なんですねえ。
基本的にギャグ進行で、最後にちょっとホロッと感動させる。
まさに王道的な作りには安定感があります。

関係ない話かもしれませんが、アニメってホント時代を映し出してる鏡みたいなものですね。

この映画(アニメ)もそうですが、男らしさや女らしさといったものが皆無です。
完全に固体を主張している為、全てに於いて「おれがおれが」という卑しさが全開です。
正直言ってこんなのが受けているようでは、将来の日本はますます駄目になると感じ得ません。
オンリーワンという言葉は確かに素晴らしいとは思いますが、利己的で良いというものではないという事が分からずに、他人と違うことをして目立つことが良いという風に勘違いしてしまっている子ども達が多過ぎるような気がします。
ですからオンリーワンであるということを自分が認めてしまっては終わりなのです。
客観的にオンリーワンであることについては私も良いことだと思いますが、自分をオンリーワンだということを言ってるような人間は正直言って底が浅いというか、限界を自分で決めてしまってる卑怯者なんじゃないかと思います。
ナンバーワンは確かに誰もがなれるわけではありません。しかし、ナンバーワンを目指すことは誰にだってできると思います。
それが今はナンバーワンが何となく悪者扱いを受けているような気がします。・・・でも昔からかな・・・、ガリ勉がイジメの対象となっているのと同じかな?

ま、何が言いたいかというと、オンリーワンであることは良いんですけれども、オンリーワン至上主義はそろそろやめようよということが言いたいのです。

貴方だけの良い部分があることはとても素晴らしいことはよく分かります。
でも、それしかないとすれば、とても偏った人間になるとは思いませんか?
だから、みんなで(良い意味での)一般的な人間らしさを取り戻しませんか?

ちょっと映画の話に戻りましょう。
笑える(苦笑ですが・・・)のが、ケロロが巨大化したときに街を破壊しないように気をつけながら戦うんですが、これは昔のアニメや特撮に対してのアンチテーゼだと思うんですよ。
でもね、そんなのは実生活を営む上で大人が子供にちゃんと教えてあげればいいことであって、わざわざアニメなんかでそんなことを教える必要は無いんじゃないかとも思うわけです。
そんな当たり前のことをわざわざ盛り込もうとするから、変にしらけた子供が出来上がるんです。
そんなのよりも、もっと一番言いたかったテーマを大切にしたモノ作りをして欲しいかなと思いますね。
それとも、そういうことをきちんとやっていかないと、ナントカ委員会とかいうのがイチイチうるさいのかな?

もしそうなら、なんだか・・・最近のアニメは夢が無いとうことが言えそうですね。

にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング にほんブログ村に参加しました。
皆さん良かったら押してって下さいね^^

banner_02.gif
posted by tomo at 11:23| Comment(7) | TrackBack(0) | INDEX【た〜と】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『七人のマッハ!!!!!!!』

痛快でした。

が、かなり痛そうでした。

とにかくアクションが本物を使ってると言うことで、凄い映像がバンバン撮れています。
正直なところなぜあの村が狙われることとなったのか、などというのは良く分かりませんでしたが、とりあえずこの映画はストーリーありきではないということでしょう。
四の五の言うよりは、ストーリーは進行上のオカズと思って見ておくだけでも良いと思います。

それほど凄いアクションが撮れています。

その興奮度は予告編以上。
大体こういう映画は予告編で全てを出し切ってしまい、実際見てみたら案外大したことなかったね、なんて事が往々にしてあるのですが、この映画に関してはそんなことはありませんでした。
約90分瞬き無しのぶっ通しになるのでちょっと疲れますが、はっきり言って眠いなんて言ってられない映画なので見応えはあると思います。

ワイヤーやCGでのアクションも最近は目を見張るものがありますが、こっちの方が本物志向と言えそうです。

正直言って、危なすぎて恐い!!!!!!!

にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング にほんブログ村に参加しました。
皆さん良かったら押してって下さいね^^

banner_02.gif
posted by tomo at 11:22| Comment(7) | TrackBack(4) | INDEX【さ〜そ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

武道の真髄ここに極まれり!己が心に勝て!『SPIRIT』

素晴らしい!
この一言に尽きます。

【作品紹介】
『SPIRIT』
監督 : ロニー・ユー
出演 : ジェット・リー、中村獅童、スン・リー
ストーリー : 病弱だった少年は、やがて成長し天津一の格闘家となるが、その傲慢さゆえに恨みを買い、家族に向けられた凶刃によって悲劇のどん底に落ちていく。いくつもの苦悩と、数知れない戦いの果てに、彼を待受けていたのは歴史に残る大舞台。史上初の異種格闘技戦だった。全世界から集まった屈強な男たち。会場に渦巻く興奮と野望。しかし、彼の胸にある思いは、勝者の栄光を掴むこととはまったく無縁の、静かにたぎる情熱だった…。

私はやはり、この映画のようにシンプルな題材を直球的に取り上げる映画のほうが好きだ。
続きを読む
posted by tomo at 08:49| Comment(1) | TrackBack(16) | INDEX【さ〜そ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

『シリアナ』・・・マット・デイモン、よく見ると太ったオッサンだな〜(笑)

ぐおぉぉぉ〜〜〜・・・眠い(睡眠)

【作品紹介】
『シリアナ』
監督 : スティーブン・ギャガン
出演 : ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ジェフリー・ライト、クリス・クーパー、ウィリアム・ハート、アマンダ・ピート、クリストファー・プラマー
ストーリー : CIA諜報員ボブは、息子の進学を機に、キャリアに終止符を打とうと決心する…。一方、一流法律事務所の弁護士ベネットは、アメリカの巨大石油会社の合併調査を依頼される。又、ジュネーブ在住の石油アナリスト・ブライアンは、ある事件をきっかけに石油王の王子ナシールの相談役となる。そしてパキスタン人のワシームは、母国を離れ中東の油田で働いているが、過酷な労働と人間以下の生活に希望を失いかける…。(goo映画)

タイトルがなんか卑猥なんですけど・・・。
がく〜(落胆した顔)・・・おっと、失礼。
続きを読む
posted by tomo at 21:23| Comment(0) | TrackBack(27) | INDEX【さ〜そ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。